基金運営委員会が開かれました

「目の不自由な方、障害のある方へ通りゃんせ基金を」を合言葉に、去年11月から今年1月末まで展開してきた「第27回和歌山放送ラジオチャリティミュージックソン」の基金運営委員会がきょう(13日)午後、開かれ、和歌山県内に音の出る信号機2基のほか福祉施設に教育機器を贈ることなどを決めました。

基金運営委員会130313 Continue reading 基金運営委員会が開かれました

特別編

hh
2月3日日曜日、JR和歌山駅前でボーイスカウト和歌山地区のカブ、ビーバースカウトによる街頭募金活動が行われました。年に一度のBP( ベーデン・パウエル)祭のひとつとして、奉仕活動をとお声掛けいただきました。活動期間は1月31日で終了していますが、きょう寄せられたたくさんのお気持ちは、今回の募金に加え、3月中旬の基金運営委員会で寄贈先を決定します。

ありがとうございました


第27回和歌山放送ラジオチャリティミュージックソンにご協力ありがとうございました。
募金の受付は、1月31日を以て終了しました。
今後は皆さまにお預けしました募金箱の回収などを行います。
その上で、基金運営委員会を開き、皆さまからいただきました浄財の運用を決定します。
音の出る信号機の設置や障害者用教育機器などです。
決定しましたら、当サイトや和歌山放送ニュースなどでお伝えします。

JR和歌山駅前

121225_120031.jpg

時計の針が正午を指しました。愛の泉としての募金活動は終了しました。
引き続き、1月31日まで募金を受け付けています。皆さんの温かいご協力をよろしくお願いいたします。